コメ返

【コメ返】食べれない不安や焦りから、どうやって気持ちを切り替えればいいのか教えて欲しい

コメントを頂いたのですが、長めの返信になるので記事にして返信します。

コメントをもらってからだいぶ時間が経ってしまってごめんなさい。

遅くなっていしまったので見ているかはわかりませんが、参考になればと思います。

 

こんにちは。高校三年生の女の子です。
私は身長156cm体重が40~43㎏を行き来している感じで、ストレスや体調不良から食事がとれなくなってしまうと30台まで落ちてしまいます。いつもは無理して頑張っていたのですが、今回は夏バテと重なってしまったのか全く食べれなくなってしまい3日間食べても吐いてを繰り返していました。学校も1週間休んでしまい学校に行かなくちゃという焦りと食べられない焦りから涙も止まらなかったです。そこで1度病院にいったら病名も言われたのですが、結論的に食べて太らないとダメだ。と言われました。
ですがいざ、食べようとすると焦りからなのか気持ちが悪くなってしまいます。昔から焦る癖や、ひとつのことを考えすぎてしまう癖がありました。
今ではもう昔みたいに食べられないんじゃないかと不安になって心が落ちてしまっています。
そんな時にこちらのmogumiさんのブログを見て少し心が落ち着きました。
mogumiさんは5年間で太ったと書いてありますが、どうやって気持ちを切り替えていったのか?などなにかアドバイスがあったら教えて欲しいです。
長々とコメントをしてしまい申し訳ありません。

Kさん

 

Kさん。お返事遅くなってしまってごめんなさい。夏も終わりかけて、だいぶ涼しくなりましたが、体調はいかがでしょうか。

まず結論からいうと、昔みたいに食べれるようになります。大丈夫です。私も全然食べれなくて、悲しくて、辛くて、食べるのが楽しくなくて、食べなきゃいけないと必死で…という状況から

「今日は何を食べようかな。るんるん」というところまで元気になったので、Kさんがきちんと自分と向き合って無理せずにやっていけば食べれるようになるので大丈夫です。

Kさんの文章を読んで、Kさんはとても賢い方なのではないかと思いました。文章もしっかりしているし、高校生なのに自分で「焦りすぎてしまう」「考えすぎてしまう」と自分の心の癖をきちんと自分で把握できているのはとても凄いことだと思います。

だからこそ、おそらく「○○しなきゃいけない」が余計に頭にこびりついてしまうのかなと思います。○○しなきゃいけないことってひとつもなくて、人生という長いスパンでみたら学校を休むことなんて全然気にしなくても大丈夫です。

私も学校が嫌で、体調も悪いし、家にいたらいたで親もうるさかったのですが一週間学校を休むということはざらにありました。なんか疲れたし、休んじゃおって感じで結構休んでました。でも今振り返ってみて「あのとき行けばよかった」とは思いません。きちんと自分に必要な休みだったんだなと思ってます。

でも、あれかな…高校三年生だから受験勉強で焦ったりしているのかな?そしたら、焦る気持ちもわかるんですが、私の周りには浪人して大学いった人もいっぱいいるし、そういう人って人よりもどこか強かったりするし、私は現役で合格したけどお金なくて中退したし、もうちょっとぼーっとお金貯めて進路決めてもよかったなと思ったので、勉強で焦るのはわかりますが(勉強で焦っているかはこちらの勝手な妄想ですが)、勉強が追いつかなかったり、受験がうまくいかなくても人生どーとでもなります。

 

それよりもまず、Kさんは「食べなきゃいけない」を考えるよりも、食べれない原因の「ストレスや体調不良の原因」を考えた方がいいと思います。食べれないから体調不良になってるのではなく、ストレスから食べれない状態になり体調不良になっていると思うからです。

吐くぐらい、涙がでるぐらい辛い理由って食べれないことが原因じゃないような気がします。もっと他に何かあるような気がするんです。それは上記のような受験勉強なのかもしれないし、親との関係かもしれないし、学校での友達との関係とかもあると思います。

私の場合は親が話を聞いてくれない、やりたくないことをやっている辛さから
あまり寝ずに働き続け、食生活も乱れて、過食症になり吐いたりしていました。

よく恋愛漫画などで「胸がいっぱいでご飯も喉をとおらない」という描写がありますが、あれと同じで例えマイナスでもポジティブでも、どんな感情であってもあまりに胸がいっぱいだと食欲ってなくなるんですよね。

Kさんのストレスの原因が何かはわからないのですが、たぶん親にもなかなか話せなかったりする感情があるのかなと思います。(違ったらごめんね)なので、誰にも話す人がいない場合は、まずは自分が何に悲しんでいて何が辛いのか紙に書いてみてください。全部書いて、書いて、書いて。書き殴ってみてください。どんなに最悪な言葉が出たとしてもOKです。誰も読んでないし、破って捨てればいいので。そんな自分を絶対に責めないであげてくださいね。

書いたら、少しスッキリすると思います。

あとは元気がないかもしれませんが、涙がでるってことはやっぱりどこかで自分の中に発散できてないエネルギーがあると思うのでカラオケに行ったりして大声で歌ってみてください。これも誰もみてないので大声で叫んじゃって大丈夫です。私も悲しいことや嫌なことがあったときは、カラオケにいって大声で叫びまくります。けっこうスッキリします。

とにかく、まずは一旦「食べなきゃいけない」を忘れてください。なかなか難しいですが、人って「○○しなきゃ」と思えば思うほど、○○できていないと認識します。だから、意識すればするほど、できてないという状況になってしまう。

なので一旦、食べなきゃいけないを忘れて、自分の好きなことだったり、自分が楽しいと思うことを小さなものでいいので見つけて認識してみてください。例えばですが、推しを作るとか、漫画を読んでみるとか、、そういう小さなことでいいので。

卒業したらやりたいことリストを作って眺めてみるとか、自分がイケメンだなと思うアイドルとか俳優を待ち受けにして、ちょっと癒されてみるとか。

私も「食べなきゃいけない」と焦っていた時は「食べないといけない」に頭がいっぱいだったんですが、自分が楽しいな、好きだなということを日々の中でたくさん増やしていったら自然と食べる量が増えたような気がします。人生でやりたいこともたくさんできました。

「食べないといけない」と思っている状態って自分を責めている状態になるので、まずは自分を責めないことです。小さなことでもいいので褒めてあげてください。今日も朝起きれたな、ごはん一口だけ食べれたな、学校に1限だけ出れたなとか。

人と比べなくていいです。それよりも今、Kさんがどうしたら楽しくなるのか、楽になるのか、ストレスがなくなるのかを考える方が大事です。自分を中心に生きてください。なので気持ちの切り替え方は、やっぱり自分が楽しいこと、楽しいと思えることに気持ちをフォーカスすることかなと思います。今、それを考えるのって将来の自分のためにもなります。

焦る気持ちもとてもわかります。でも例えば、焦って焦って走っても、そこに赤信号があったら止まらないといけないですよね。そしたらせっかく走ったのに、ゆっくり歩いてきた後ろの人と同じ立ち位置に立っていることってあるじゃないですか。

だから、焦って走らなくて大丈夫です。ゆ〜〜〜くりで大丈夫です。身体のことってすぐに変わりません。私も長年かかりました。だからこそ、焦らないで、ゆっくりゆっくり自分と向き合ってみてください。私もなんだかんだちゃんと太るまでに5年ぐらいかかってます。でも、まあ、人生長いので、ちょっとずつ太れたしいいかな〜と思ってます。

食べるにフォーカスするのではなくて、ちょっと日々の楽しいことを見つけつつ、自分を褒めつつ、ストレス発散しつつ、自分に優しくしてあげてください。

あ、それから具体的なアドバイスとするならば、卵やお肉などのタンパク質を少しずつでもチョイスするといいと思います。甘いものばっかり食べてきてませんか?それよりもハンバーグとか目玉焼きとか、お肉のスープとか、

ちょっと重いなら、引き肉団子の鍋とかおすすめです。私も胃腸がヘロヘロのときは肉団子をいれた野菜の鍋をよく食べてました。これから寒くなるし、暖かいものを食べると気持ちも少しだけほっとするのでいいですよ。肉団子だと、普通のお肉よりもホロホロしていて食べやすいし。

甘いものってガーっと食べると、そのあと血糖値を下げるためのホルモンみたいなのが出て身体がだるくなる時があるので、甘いものや糖質はほどほどにして、ちょっと意識してタンパク質チョイスしてみてください。

といっても、最初に書いたようにあまり「食べなきゃいけない」を意識せずに、自分は何が楽しいのだろうか、好きなのだろうか、と気持ちを切り替える方に意識した方がいいと思います。

こんなことしか言えませんが、少しでもKさんの体調がよくなることを祈ってます。

もぐ美

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。