健康的に太る方法

BMI17→19へ!太りにくいわたしが健康的に5キロ太るまでにやった方法まとめ。

はじめまして。もぐ美です!

この記事は「太りたいけど太れない」「ガリガリに痩せている」女性に向けて書いてます。

わたしが「太りたい」と明確に思ったのは3年前。

そこから頑張って5キロ太りました!

もぐ美
もぐ美
めっちゃ頑張った…!

5キロって普通の人にとっては「え?そのぐらい?」って思うかもしれませんが、太りにくい女性にとってはとても大きな数字です。

わたしが試行錯誤した方法が誰かの役に立てばいいなと思い、ここにまとめてみます。

 

※個人差があります。たくさん調べて試行錯誤して太りましたが、科学的根拠に基づいたものではないのでご了承ください。

わたしが太りたいと思った理由

まず最初になぜ私が太りたいと思ったかというと、好きなことができなくなったからです。

数年前に、身体がものすごくきついことに気がつきました。

いきなりというよりは、じわじわと「あ、やばい」という体力の限界まできていたのです。もうね、本当にきつくて。一人だけ重力違うんじゃないか?というぐらい身体が重い。いうことを聞かない。

もちろんその時は人生で1番痩せていましたが、痩せていることが原因だとは自分では思っていませんでした。

なぜなら痩せていること=良い事だと思っていて
そのきつくなる前まで、ダイエットもしていたからです。

だって世の中のみんな「痩せてていいね」っていいますよね。だから痩せることでそんなに身体が悪くなるなんて思いもしなかったのです。

しかし、身体が本当にだるくてだるくて。それまではジョギングしたり、筋トレしたりと元気だったのが急に何もできなくなる。なぜかだるい。疲れている。

とにかく動く気力もなくて、1日中起きているのがつらい。立っとくのもつらい。

手も震えるし、力が入らない。

もちろん、仕事にもいけない。

毎日のようにダラダラと寝る…

 

そんな毎日を過ごしていました。

そのころにちょうど耳管開放症という音が聞こえにくくなる症状も発症して。

そのときは急にそういう症状が出たので「ちょっと疲れてるのかな」と思ったぐらい。休めば治るだろう、とあまり動かないで家にいました。

でも何ヶ月経っても治らないし、身体はきつくてきつくて。耳も聞こえにくくて。仕事は行ってなかったけど、それでも普通に生活しようとしてました。

でも、1年経っても良くならなかった。休んでいたのに。

すこし外に歩きに行っても耳が聞こえなくなるのでその症状にイライラして家に帰る始末。

何がつらいって好きなことができないこと!

いきたいイベントなんかも、体力がないからいけない。やりたいこと、たくさんあるのに身体がついていかずイライラする。

あまりに身体が不自由で「どうにかしなくちゃ!」と色々調べた結果、自分が痩せすぎていることに気がつきました。

もぐ美
もぐ美
たしかに私…ガリガリかもしれない

なぜ気づいたかというと、たくさん食べた時に耳の調子がよくなったから。

 

たくさん食べると調子がいい!

もしかして痩せすぎ?

調べる

痩せすぎだ!

太ろう!

 

こんな感じです。

その時の体重は47キロぐらい。身長が高いのでBMI17

今までも家族と温泉に行った時などに「あんたやばいよ…」と言われたんですが、痩せていること=いいことだと思っていたので気付きませんでした。

でも、いまなら言えます。痩せていることで体調が悪いならダメです。

 

そこから頑張って5キロ太ってからは人生が驚く程変わりました。

正直、まだまだ太るために頑張っているんですが、5キロ太るだけでできることが増えた。好きなこともできています。

太るためにはとにかく栄養を取る

とにかくまず知ってほしいのは痩せている人は栄養不足です!

わたしも太ろうと思ってから行った血液検査では、極度の栄養不足でした。

どのくらいかというと、50項目あったら半分以上の栄養値が極度に足りてない状態。

医者から「内臓がおばあちゃん並み」と言われたのです。

もぐ美
もぐ美
内蔵がしわしわらしい…この年齢でこんな人見たことないらしい…
うしくん
うしくん
やばいじゃん

栄養不足で内臓がうまく機能しない

栄養を吸収しない

太りにくい

というデフレスパイラルだとか。

これに対抗するために豊富な栄養を体に吸収する必要があるのです。

とにかく、痩せている人は栄養不足なので栄養のあるものを食べてください。

栄養のあるものは肉、魚、チーズ、卵などタンパク質のあるものです。

血肉を作るにはタンパク質がかかせません。私たちにはこれが足りません。

わたしも振り返ると全然食べてませんでした。

でも太るぞ!と決めてから朝昼晩、毎食のようにお腹いっぱいタンパク質豊富な食事を摂取するようになりました。

とにかく糖質は少なめにして、肉、魚、卵、チーズなどを食べます。

逆に糖質は食べません。

普通の人はご飯やパン麺類等の糖質を食べると太りますが痩せている人は糖質を食べても取れません。

逆に糖質ばかり食べ過ぎって家で健康を悪くし痩せている人もいる位です。

とにかく痩せていると言うこと=栄養が足りていないと言う事です。

なので糖質を食べている場合ではなく栄養のあるタンパク質を取る必要があるのです。

 

わかりやすく言うと糖質制限です。糖質制限についてはこの記事で実際に行っている医者のセミナーに行って聞いてきました。(こちらから)

太っている人は痩せるのが糖質制限ですが、痩せている人は元に戻るのも糖質制限だそうです。

拒食症の患者さんが糖質制限を始めて太ったことにより好きなことをたくさん楽しめるようになった、と言うことをセミナーで話していました。

糖質を制限するというよりも、栄養のあるものをたくさん食べるイメージで行いました。

太るために食べていたもの

とにかく何度もいいますが、肉、魚、チーズ、卵を中心に摂取します。それだけでお腹をいっぱいにするのが目標です。

お米、パン、麺類は極力とりません。太るぞと決めてからはお菓子も食べなくなりました。

でも実際に糖質制限を始めてタンパク質豊富な食事を始めようと思うとどんなものを食べていいか悩みますよね!

私が食べていたリアルなご飯を書き出してみます。

朝食
目玉焼き(卵ふたつ) ベーコンかハム
ゆで卵 2〜3個

ランチ
ハンバーグ定食
焼肉定食
ごはんは少なめ


肉を焼いて食べる
肉を茹でて食べる

太るために飲んだサプリメント

太るために飲んだサプリメントですが「ワカモト」というサプリを飲みました。

痩せている人は胃腸が弱いため、胃腸を強くする必要があります。

その手助けをしてくれるのがワカモトです。

強力わかもと 1000錠」は、消化・整調・栄養補給の3つの働きを持った胃腸薬です。

エビオス錠という類似の商品も飲んでみましたが、そちらはお腹に膨張感が出てしまいました。しかし、ワカモトは大丈夫でした。

太るために飲んだプロテイン

それから、プロテインも飲み始めました。

私が飲んでいたのはファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート プレーン風味 1kgです。

少し高いのですが、1度買うと毎日飲んでも長持ちしました。

最初は付属のスプーン2杯ぶんを飲んでいましたが、どうしても頭が痛くなってしまったので(たぶん身体が驚いたんでしょうね)

最初は1杯から始めるといいと思います。今は2杯でも大丈夫になりました。

ご飯のあとに必ず飲んでいました。

太るためのメンタル編

とにかく太りたかったわたしは「食べなきゃ」という強迫観念が強く出てきてしまいました。

一生懸命食べていると途中でとても辛くなる時期が来たんですね。

食べたくない。でも食べなきゃ。太らない。そんな、とてもネガティブな気持ちに。

 

私は1年位経ったときたまにすごく辛くなる時がありました。

でもその時に朝ドラのごちそうさんと言うドラマを見ました。

その中で杏さん演じる主人公がとてもおいしそうにご飯を食べます。

それを見ていて私ももっと食べることを楽しもうと思えるようになりました。正直、泣きながらそのドラマを見ていました。

食べることがもともと大好きだった自分を思い出したからです。

そこから、少しずつですが食べることに前向きになりました。

・考えすぎない
・楽しく食べる

なかなか太れなくて落ち込む時もあると思いますが、そんな時は無理せずにいちど休むことも大切です。

そのときは上記の2つを思い出してみてください。

太って良かったこと

最初に書きましたが、太ってから人生が変わりました。

それまでは、痩せていて体力がなくてとにかくきつくて働きもできませんでした。耳管開放症もあったしね。

でも今は、それも治ってきていて

ライブに行ったり、イベントに行ったり、毎日働きにも行けてます。

毎月のように風邪をひいてましたが、今は半年に1回ぐらい。頑張りすぎたときにひくぐらいです。

世の中は「痩せたい」人が多いので、太りたいと言う人はマイノリティで、なかなか相談できる人もいなくて辛かったですが

それでもコツコツ太ってよかったです。

本当はあと5キロ太ることが目標です。油断をするとすぐに痩せてしまうこともあります。でもコツコツとやっていくしかありません。

 

この記事を読んで「太りたい」あなたのお役に少しでも立てたなら嬉しいです。